注目のキーワード

ミスミのMeviyから学ぶ営業の仕組みづくり[No.6]

前回に引き続き、ミスミさんのMeviyから学びたい事を書いていきます。
https://m-koike.funai.site/m-koike/momotaro-koike/ミスミのmeviyから学ぶ営業の仕組みづくりno-5/ )

 

前回以下の内「1.数が少なくスピーディな営業体制」についてでした。

1.数が少なくスピーディな営業体制

2.ウェブ、動画などの販促ツールの使い方

 

今回は「2.ウェブ、動画などの販促ツールの使い方」です。

 

 

 

まずはミスミさんのMeviyのサイトをご覧いただきたいです。

https://meviy.misumi-ec.com/

 

 

 

ウェブサイトがキレイ!!!

 

これを見たら、例えミスミさんを知らない人でも、

「ちゃんとした会社だ」、「信頼できるサービスだ」と

感じますね。

 

 

さすがです。

オンラインだからこそ、見た目や作りがダイレクトに評価につながる。

それを理解してしっかり作ってますね。

 

 

しかも、「どんなサービスだ?」と思っている人に動画を用意しています。

サービス紹介の動画がわかりやすい!!!!

 

 

さすがです。

動画データをつなぎ合わせるのではなく、

しっかりと作っていますね。

 

 

誰向けのどんなサービス(製品)なのか?

どんな課題に対する提案か?

どんなメリットを出したか?

なぜそれが出来たか?

まずどうすればいいのか?

 

必要な要素が入っています。

 

これが用意されていれば、営業しやすいですね。

 

 

要するに、直販でも代理店販売でも、

こういった販促ツールが整備されていると

営業マンが「積極的に売りたい!」

と思うようになります。

 

これが重要ですね。

 

 

 

代理店の営業マンや自社の若手が売りやすい環境を用意する。

決して個人の営業力に依存しない。

 

 

これが重要ですね。

 

 

ちょっと自社の販促ツールを振り返ってください。

 

カタログは言いたいことだけを伝えているか?

余計なことも盛り込んで使い辛くなっていないか?

動画は見やすい内容になっているか?

伝えたいことが多くて聞きたい側がしんどくないか?

ホームページは見やすいか?

しばらく更新していない昭和の臭いが感じるホームページになっていないか?

ヒアリングシートは適切な内容になっているか?

引合いが来た時に使われていないことが多いのではないか?

 

 

1つ1つ克服するのは難しいですが、

カタログ、WEB、動画の整備はスタートラインです。

これがないということは、まさしく

「属人的な営業に依存している」

ということを表しています。

 

 

 

「代理店に営業力がない」

「社長や一部の営業マンしか受注できない」

ということは、

ーカーとして、会社として販促体制づくりが弱いという反省です。

 

 

 

 

良い勉強になりました。

頑張りましょう。

 

の執筆ブログ一覧

製造業・工場経営.comを運営する船井総合研究所が提供する各種サービス

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム