注目のキーワード

市場調査・デューデリジェンス

船井総合研究所ものづくりグループでは、「生産財流通」「SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)領域」「ECM(エンジニアリング・チェーン・マネジメント)領域」「各種技術領域」の市場調査を得意としております。特に「生産財」と言われている分野は市場がロングテール構造となっており、限られた市場規模の多数の業界が連鎖して関係しており、外部からはわかりにくい業界の1つとされていますが、船井総合研究所ものづくりグループでは、独自の人脈と調査手法を確立しており、生産財分野の市場調査に対応できる国内でも数少ない市場調査会社です。
またデューデリジェンスについても多数の実績を有しており、前述の生産財業界や部品加工業界、受託型製造業の業界について強みを持っています。M&Aなどに伴うデューデリジェンス(企業評価)など、船井総合研究所ものづくりグループまでお気軽にご相談ください。

市場調査・デューデリジェンスの特徴

  1. 業界(製造業SCM/ECM/他・生産財)のことを知り抜いているので話が早い
  2. 独自の人脈と手法論を確立しており確度が高い
  3. デューデリジェンス(M&A等に伴う企業評価等)も実績豊富

市場調査・デューデリジェンスの実績

大手生産財メーカー

新商品・新サービスのニーズ調査を、エンドユーザー開発部門に実施

ターゲットとなる具体的な企業をリストアップ。リストアップした企業の開発部門に対してインタビューを実施して新商品・新サービスのニーズ調査を実施いたしました。長年にわたる船井総合研究所ものづくりグループのコンサルティング実績により、当該分野に豊富な人脈と知名度を有している点が、本調査の成功要因となりました。

M&Aファンド

ニッチな受託型製造業(従業員約100名)に対してのデューデリジェンス

表面処理および板金加工業というニッチな分野の製造業がデューデリジェンスの対象となり、この分野の正確な企業なデューデリジェンスは、船井総合研究所ものづくりグループが最も得意とする範疇です。その会社の技術的な強みが何か、またその強みがどれだけの収益を将来生み出すのか、といった分析をニッチな技術分野に対して的確かつ短期間に実施可能です。

IPOを前提としたニッチ技術製造業

競合他社と比較した自社の強み、競争優位性の調査

株式公開を前提としており、投資家・市場関係者に対して自社の優位性を正しく認識してもらうため、第三者による客観的な評価が必要との前提で市場調査を実施いたしました。同社の競合となる会社のリストアップとインタビューの実施。また同社のターゲットとなるエンドユーザーキーマンに対してのインタビューならびに調査を実施。非常にニッチな技術分野ではありましたが、船井総研が有する人脈と確立した手法論により具体的な成果を得ることができました。

公的機関(行政機関)

新エネルギー活用に関する大規模事業所(工場)への調査

従業者数百名を超える大規模事業所(工場)に対しての、新エネルギー活用の実施状況についてインタビュー調査を実施しました。事前お打合せでターゲットとして挙げた事業所キーマンに対してインタビュー申込、アポイント取得、インタビューの実施、レポーティングといった流れで市場調査を実施いたしました。船井総合研究所が有する人脈ならびに東証一部上場企業であるという信用と知名度により、実施可能となった市場調査でした。

本プログラムに関するお問合せ、資料のご請求は
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

製造業・工場経営.comを運営する船井総合研究所が提供する各種サービス

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム